サイドカメラが役に立つシーン

サイドカメラが役に立つシーンを紹介。

サイドカメラが役に立つシーン

左前輪(右ハンドル車)付近が見えていると正確に車の位置を確認することが出来ます。

左前輪付近が良く見える

狭い道

対向車とすれ違う際に、路肩の状況を確認することが出来るので、すれ違うことが出来るのか?それとも無理なのか?の判断材料が増えます。

無理して脱輪したり、大切なホイールを傷つけることも防げるでしょう。

幅寄せ

フェンダーも映像内に入っている場合、壁や木などの障害物との接触を回避できます。

駐車

路肩に寄せて駐停車する時などでも、左前輪(右ハンドル車)付近の状況が分かるので、ギリギリまで幅寄せすることが可能になります。

また縦列駐車が苦手だという方でも、タイヤの位置が見えることに加え、サイドミラー、バックカメラ、フロントカメラと合わせて活用すれば、苦手意識はなくなるでしょう。

駐車場

白線内に収まっているかどうか?タイヤの向きなどが一目瞭然です。

走行位置

左前輪と白線などの位置関係から、車両が通過している位置が明確にわかります。

通常走行中にモニターを見て、自車の位置を確認することはオススメできませんが、左折時などでは方向指示器を出した後、しっかり外側線まで寄せられているか確認するのに便利です。

さらに雨の日の夜!ヘッドライトの光が反射してしまい、センターライン等がよくわからない状況になりますが、カメラでは白線を確認することが可能です。

カメラ映像を録画

もしもの時に役に立つ利用方法として、サイドカメラの映像を録画できるようにしておくと対向車と接触した時などに役立てることも可能ではないかと考えます。

このページの先頭へ